精神力、忍耐力の必要なお仕事です。

24時間いつでも好きな時に好きな時間だけ働けるとのことで、この仕事を選びました。

面接はマンションの1室だったので、ちょっと不安だったのですが、これまでの経歴を聞かれ仕事内容の説明を受ける普通の面接でした。勤務初日は写真撮影がありました。少し露出の多い洋服をきて、スタッフさんにたくさん撮ってもらいました。その中から1枚を選び加工してもらい、その間に自分の源氏名、プロフィール等を作成してお仕事のスタートです。

カメラに映った状態で、お客様が来るのを待ちます。私の場合は口元から下のみを映し、手を振ってみたり少し動きながらお客様をまちました。お客様が入室されたら、お互いの自己紹介や何て呼び合うか等を話したいのですが、そ?ゆうお話に付き合ってくれるようなお客様ばかりではありませんでした。すぐに「おい、脱げ」とか「おい、ブス」とか言ってくる人も少なからずいました。そこから上手く会話に続けられたらいいのですが、コミュニティケーションがとれないような状態だとお客様が退室されるまで待つしかありませんでした。

色んな人とお話するので、忘れないように会話の内容や簡単なプロフィールはメモするようにしていました。それと、メールは必ず返信しお仕事後には「次回のお仕事は何日だよ」とゆうようなメールは必ず送るようにしてました。

よくきてくれるお客様は会話重視の方が多かったです。仲良くなって、いつか外で会おうよ!っていう方が多く、そ?ゆう方は3カ月?半年くらいたつと、「いつ会えるの?連絡先教えて」「会えないなら、もうここにはこない」とゆうような会話ばかりになります。ただ、お仕事以外で直接会うことは固く禁止されている為、上手く誤魔化すしかありません。「会いたいけど、お金を貯めてこの仕事辞めるまで会えないよ」という風に誤魔化していたのですが、、そうなるとそこから楽しい話をするのは難しくなり、その後はあまり来てくれなくなるパターンが多かったです。

外で会おうよ等全く言わずに、ずっと仲良くしてくださるお客様もいました。お客様から恋愛相談をうけ、私も恋愛相談を聞いてもらって、ずっと恋バナをしているような関係でした。私は仕事なのでお金がもらえて話も聞いてもらえるのでよかったのですが、お客様からしたら高額な料金を払い恋バナをしているだけの為、不思議だったし少し申し訳なく思うこともありました。

そんないいお客様をどれくらいつけることができるかが大事でした。こちらも楽しめなければ会話が続かないので、長く会話できなければ稼ぐこともできないので、、そのようなお客様は大事でした。

この仕事の辛いところは、完全に歩合制なのと、よく暴言を吐かれるところでした。歩合制なのはやる気にも繋がるし、私がやっていたサイトはランキングもでるところなので調子がいい日はテンションもあがり頑張れます。でもダメな日は本当に何をやってもダメとゆう感じで、ずっとお客様を待っている状態が続きます。当然待っている時間とゆうのはお給料はでません。お小遣い稼ぎとかではなく、生活費が足りなくて働いていたので、そ?ゆう日は本当に辛かったです。数時間働いて100円のこともありました。あとは自分に元気がなかったり、気合が入っていないと暴言ばかり吐かれた日は落ち込みます。こちらは顔を出していますが、お客様は顔も声も出さない為ひどいことを言ってくる人も多いです。

3-4年働きましたが、続けられたのはいつでも好きな時間に働ける自由さと、スタッフさんが常に優しくフォローしてくれたからだと思います。

仕事内容的には辛く感じることが多く、心がすり減る仕事だと思いました。私はバレた事はなかったのですが常にバレたらどうしよう、、とゆうような恐怖がありました。

1人でのお仕事なので、人間関係に悩むことはなかったですが、歩合制なのと長時間待機することに耐えられなければ続けられないお仕事だと思いました。

 icon-chevron-up ページトップへ