疑似恋愛、お互いに楽しめる場所ですね。

【印象に残っているお客様について】

チャットレディは、仕事としては考えていませんでした。
少しお金も稼げて、色々な人と話せるということが楽しく、本当に軽い気持ちでやってました。
今考えるとダメなことですが・・・
でも、そんな中でもかなり気持ちが入っていた時はありました!!

チャットに来る男性は、現実で出会いがなく、モテない人=イケメンはいない、と勝手に思っていましたが、Aさんは別でした。
スポーツをされているとのことで、ガタイもよく、顔も爽やかなイケメンという感じ。
前の彼女と別れてから出会いもなく、女性になかなか声をかけられずに登録した、と言っていました。
お話をしていても、あまり女性に慣れていないことは伝わってきましたが、普通にモテそうだなという印象でした。
会社に男性しかいない、ということだったのですが、普通の企業だったら絶対にすぐ彼女できるだろうな・・・という見た目です。

その方は、私のことを本当に恋愛対象として見ていたようで、 私が本業を終えて家に帰ると、必ずチャット内のメールボックスに連絡があります。
チャットの予約連絡です。

私のことを本当に恋愛対象として見てくる方は日常茶飯事でしたが、その中でも、Aさんからは本当に一途な気持ちが伝わってきました。
一途というよりは、周りが見えなくなる感じでしょうか。
Aさん以外にも常連の方がいましたので、私がその方とお話していることももちろんあるのですが、 その時にもずっとチャットに入って待っていて、他の方とのお話が終わるとすかさず入室してくるという感じです。

お話する内容としては、その日にあったこと、会社での今の悩み事、これからごはんを食べるけど何を食べる、とか、本当に恋人のような内容でした。
Aさんもそれを望んでいて、1年ほどはずっと会話のみでした。
チャットをしていて、ただ会話だけという人は本当に稀で、たいていはすぐに会いたいという話になるのですが、 Aさんは、「会いたい気持ちはあるけど、無理強いはできない。お互いにそういう気持ちになるまで待つよ」というスタンスでした。

また、彼は、私がチャットレディということを知らず、私も出会いを求めてチャットをしている女性だと思っていたようです。
私も彼にそういうスタンスで接するようにしていましたが、そういう方も割と多かったですね。
そういう方には、もちろん、自分がお金をもらってチャットレディをしているということは内緒にしていました。

1年くらいたつと、Aさんは、やはり会いたいということを真剣に言ってくるようになりました。
私は、こういうチャットで会ったことがないので怖い、と言って交わしていましたが、 彼の真剣な気持ちを感じていたので、申し訳ない気持ちも出てきてしまっていました。

そのことが少し負担になり、少しチャットレディから遠ざかっていたのですが、 久しぶりにログインすると、すぐにAさんがログインしてきました。
私がログインすると通知される設定にしていたようで、私に彼氏ができてしまったのではないかと心配していたとのこと。
チャット内のメールボックスにも、Aさんからのチャット依頼が何通も届いていました。

こう言ってはなんですが、Aさんがいわゆるあまり素敵ではない男性であったら 少し怖いなと感じていたかもしれません。。
でも私は、ここまで想ってくれているんだと嬉しい気持ちもあり、またチャットを再開しました。

ただ、それからは、Aさんが会いたいと言ってくることは減りました。
気持ちが少し落ち着いたのかもしれません。
ただ、他の人と何人かしゃべってみたけれど、私以上に好きになれる女性は現れなかったと言っていました。

Aさんが、今他の人とちゃんと恋愛できているといいなと思っています。
チャット以外で会ったら恋愛に発展していたかな?笑

 icon-chevron-up ページトップへ