チャットレディでの楽しかった思い出

私は23歳ごろからチャットレディをやり始めて子供が生れる33歳までやっていました。 もともとチャットレディとはどんなお仕事なのか知りませんでしたが、ネットを見ているとだいたいが、空いた時間に高収入っと言う文句を見てその言葉に惹かれ始めてみることいしました。 登録したばかりの頃は初心者っと言う事で右も左もわからず、相手には敬語で話した方が良いのかそれともフレンドリーに話した方が良いのかっと悩みましたが、自分のやりたい様で良いんだっと思いました。 何故ならお客さん側もお仕事ではなく、息抜き程度でお客さんは遊びの一環で来ていることなのであまり固く話しても嫌だと思います。

また、初心者の頃はお客さんは10分間、無料で初心者のチャットレディっと話をする事が出来ると言う初心者の女の子にもお客さんにも優しいイベントもあり、たくさんの人が次から次へと交代交代に入ってきました。 ただ、10分間だけが無料なので10分経つと無言で落ちていく(回線を切る)人も中にはいてコミュニケーションが希薄な部分も感じましたが一々気にしてても仕方無く、パソコンのカメラを通してっと言う希薄なコミュイケーションの中でも、時間のゆとりを持って接してくれるお客さんも居たり、初めての経験で何を話たら良いのか会話が続かずに困っている時に応援してくれたり励ましてくれるっと言う心優しい人もおられました。

また、毎日メールをくれた人も居ました。 チャットレディを初めてほんの1時間で3600円以上っと言う高額報酬になった私はどんどんとチャットに参加するようになりました。 しかし、私は夜は出る事が出来なかったのでお昼に出ていたのですが、ある時からピタリっとお客さんが来なくなった時もありましたが、そんな時は待機報酬っと言う○○分待機したら報酬をもらえるっと言うイベントもしていたので、それに参加するようにしたりしているうちにいつの間にか報酬が溜まっていきました。

また、お客さんは男の人ばかりではなく、たまに同じチャットサイトでチャットレディをしているっと言う女の子も遊びに来てくれることがありました。 男のお客さんには自分の携帯メアドやスカイプ、ラインなどのIDは教えませんでしたが同じお仕事をしている女の子っと言う事で 親近感もわき、またチャットに対しての同じような悩みや色々な情報収集が出来たと思います。

その女の子が教えてくれたサイトで(今はもう無いサイトですが) 女の子は待機○○分とは関係なく、待機した分だけ必ず報酬が入るっと言うサイトを教えてもらって登録してみたこともあります。 どこでその経営者は儲けているのかはわかりませんが本当に報酬になりました。

そのサイトはパーティっと言う形態でお客さん数名が同じ部屋に入ってチャットをする事もあり私の部屋に入って来たお客さん同士が仲良くなってくれて 毎日が楽しかったのを覚えています。

私はほぼ毎日チャットをし、そこでも他の女の子が私の部屋(チャット)に遊びに来てくれたりして仲良くなると 女の子の部屋も紹介、宣伝したり、新しい部屋へと案内することも出来、私的には今思えば待機地獄ってこともなかったのでとても充実し安定してました。

その後、そのサイトはアダルト解禁っとなったのですが前と同じアダルトを要求するお客さんはいなく、安心してお仕事をすることが出来ました。

また、大手のライブチャットの方でもお客さんがお得にチャット出来るイベントがありイベントの時は大手に待機することにより遊びに来てくれる人も増やすことが出来たので、掛け持ちをしてイベントを狙って行けば結構な金額となりました。

待機地獄っと言う言葉を聞きますが・・・確かに一人でパソコンの前でただぼーっと座って待機をするのは身が持ちませんが私は待機しながら音楽を聞いてテンションをあげていたり、何かして遊んでいたりすると興味を持ったお客さんが入って来てくれることもありました。 そんなチャットレディを20代初めから気が付けば10年ぐらいやっていたのですが、33歳に妊娠となりチャットレディを辞めることにしました。

そして今現在は、30歳オーバーっと言う歳の事も考えると20代にやっていたサイトでは無理があるので登録していた大手サイトには出てません。 が、色々探すと30代40代用のチャットサイトがあるようで、最近では人妻サイトにも興味があります。

最後に、チャットレディをやって良かった事は報酬面でもそうですが 毎日一人で家に居るより誰かと話をする事で気分転換になること、またカメラを通して自分を見ることも出来るので 自分の見せ方などの勉強にもなるかと思います。

 icon-chevron-up ページトップへ