こそっと言います、チャットレディの裏側

初心者で6か月週1回チャットレディを経験していました。

待機保証のある時間、ない時間によって、お客様が来る、来ないが違います。待機保証のある時間帯は、どちらかというと、あまりお客様がいらっしゃらない時間帯が多く、待機保証の無い時間のほうがお客様がいらっしゃいます。午前中や、夕方から夜の時間帯は、思ったよりも来て下さるお客様も多いです。

午前中は、深夜のお仕事をした方が眠る前に来て下さいました。

待機の時は、仕事に集中して、笑顔や、手を振ったりしていました。お客様は、優しい方が多かったです。がつがつとした方はほぼいませんでした。

ノンアダルトは、脱がずにお話しが中心ですが、中には2ショットで露出しているお客様もいるので、注意が必要です。見たくないのを見せられたりします。

初めての勤務の時に遭遇しましたが、次!次!と切り替えてました(笑)

アダルトは、規定があるので、守った上で、脱ぐという事もあります。

お客様の中には、お話しだけしたい方もいらっしゃれば、見せてというお客様もいらっしゃいます。

これだけは無理と思う事も出てくると思います。嫌な時は、お断りをするという事も出来ますので、『無理をしない』でくださいね。お断りする事=ペナルティではありません。

また、自己紹介欄にNGな事を入力しておくのもテです。

アダルトで脱ぐ時ですが、お客様と1対1で他のお客様に見られない、2ショットと、お客様と1対1で他のお客様も見られるパーティとあります。

稼ぐには、お客様とのやり取りの時間が最も稼ぎやすいです。どちらも稼ぐ事は可能です。

2ショットは、お客様と気持ちよく、満足いくまでやり取りできます。同じお客様にリピートしていただいて、1日2時間くらいやり取りしたこともあります。

たわいもない話しから、ちょっとエッチな話をして終わりという日もありましたし、ちょっとだけ脱ぐという日もありました。

お互いに気持ちよくなる事もできます。時間はあっという間に過ぎるので、楽しかったです。

お客様の中には、「○○して」というお客様もいらっしゃいます。私の場合は、胸が大きいので、脱いで見せてが多かったです。

パーティーでドキドキしながら、下着の肩紐をずらしたりしてじわりじわりと脱いでいました。

お客様で、もっと見たいという方がいれば、2ショットに移動して、じっくりお客様とお話ししながら、「○○して」というリクエストに応える方法をしていました。

盛り上がってくると、私からも「○○して」とリクエストする事もありました。いろんな部分をマッサージしたり、声を出してみたりと様々な事をしました。

2ショットでもNGな規定があり、規定に反しそうになると、画面に警告が表示されます。

一度だけ警告を無視して、2ショットで強引なリクエストに応えていたら、突然PC画面が消えた事がありました(焦)

気を取り直して、ログインしたら、再開できました。

あの時は、もうチャットできなくなったら、どうしよう~と茫然としました。

珍しかったのは、お尻を見せてだとか、服を着たまま、腰を突き出してとかです。それだけで、「ありがとう」と言って、去るお客様もいました。

パーティは、メインで話しているお客様の分と、見ていただいているお客様の分と両方稼ぐ事が出来ます。見ていただいているお客様と2ショットに移動する事もあります。

顔バレですが、なかったです。地方に住んでいるというのもあるかもしれませんが、長時間のチャットは、それなりにお客様が支払う金額も大きいので、関東地方の方や、関西地方の方が多いような感じがしました。

気分がのらない時や、生理の日は、テーブルの下に化粧水などのビンを用意して、振って気持ちよくなってもらう方法もあります。

いろんな事がありますが、やりがいのあるお仕事です。

 icon-chevron-up ページトップへ